大工とつくるロハスな家                       光南工務店のブログ




   ブログTOPへ



  リフレクティックスの性能実験 2016.7.20


   こんにちは、白野です。

   ユーチューブでこんな動画を見つけました。愛知県のイチイ建設(株)という

   会社がアップした、リフレクティックスの性能実験です。ぜひ見てください。↓









   これまでの断熱材の方は22.6度から39.5度へ、17度も温度が上がったのに

   たいして、リフレクティックスの方は28.1度へ、6度ほどしか上がりませんでした。

   性能の違いがはっきり分かりますね。





   と言う訳で、同じ実験を私もやってみました。

   リフレクティックスの箱と従来の断熱材(ポリスチレンフォーム)の箱に

   電気ストーブの熱を放射して、それぞれの温度変化を測定します。



   


   


   ↑実験前の温度。

   左がリフレクティックス、右が従来の断熱材のセンサーです。



   

   電気ストーブのスイッチをオンにしてスタートです。


   




   20分経過。

   ↓リフレクティックスは29℃(+1)、従来の断熱は30.8℃(+2.9)


   


   40分経過。

   ↓リフレクティックスは30.3℃(+2.3) 従来の断熱は35.9℃(+8)


   


   1時間経過。

   リフレクティックスは31度(+3)、従来の断熱は40.1℃(+12.2)


   


   1時間で約9℃の差が付きました。

   もっと続ければ、さらに差が付くと思いましたが、暑いのでやめました。(^^;




   


   そして不思議なのは、ストーブの熱が当たっていた表面を触ってみると、

   従来の断熱材はかなり熱くなっているのに、リフレクティックスは全然熱く

   ないのです。


   つまり、輻射熱を99%反射してしまうので、リフレクティックス自体はほと

   んど熱くならないのです。これは凄いことですね。この遮熱シート構法で

   家を建てれば、暖房費を大幅に節約出来ることが実感出来ました。



   この実験はモデルハウスに来れば見ることが出来ますので、ご関心が

   ある方はぜひ白野までご連絡ください。(→ TEL090−9432−0390 )

   お待ちしています。



 
  いつもクリックをありがとうございます。

   記事が更新されてなくても、毎日でも、(^^)

   クリックして下さると嬉しいです!


   ↓

   

   

   





   ■ 最近の記事

  杉のお風呂で温泉気分 2016.7.28

   
「空気」は食事の10倍?  2016.7.4

  「断熱」から「遮熱」の時代へ
 
2016.5.23

  札幌の活断層
 2016.4.18


  北のハウスさんの構造見学会  2016.4.14

  新建材の匂いを感じますか? 
2016.4. 11


  隠れた日本の財産
  2016.3.4


  遮熱 シート「リフレクティックス」 2016.2. 6

  黒い杉のキッチン  2016.1.18

  土地探し
  2016.1.9


  外壁のメンテナンスコスト 2015.12.22

  にせ物が普通な世の中
 2015.12.18


  「教わりながら」の「ぶっつけ本番」
 2015.12.5

  伝えることの難しさ 
2015.12.3


  家づくりの楽しみ方  2015.11.23

  建築業者の「提案力」
 2015.11.20


  レンガタイル 
2015.11.18


  コロナルーフィング
 2015.11.11


  北米で築100年以上の家が多い理由  
2015. 10.28


  誰にも分かってもらえない苦しみ
 2015.10. 17


 
 な ぜシックハウスにな るのか? 2015.8.16

   「さつま見学工場」へ行って来ました。 2015. 6.24

 
















  管理人プロフィール


  
 ブログ管理人の白野です。このブ
 ログは、家づくりについて役立つ
 情報をお届けしています。毎週更
 新しますので、たまにのぞきに来
 てください。






   



 ■おすすめの記事

 リフレクティックス

 化学物質過敏症

 シックハウス

  幻 の漆喰について

 住宅の 高気密化

 厚 別中央S邸

 幻の漆喰

 音響熟成木材

 菜の花の家


 ■リンク

 
光 南工務店

 フランジパニ


 

 ア トリエ・ポム