大工とつくるロハスな家                       光南工務店のブログ




 
  ブログTOPへ



  豊平館や時計台を設計したのは
 2016.9.27



   みなさまお元気ですか? 白野です。

   娘2人が風邪をひきました。少し流行っているようですね。ご注意ください。



   さて先日近くに用があったので、まだ行ったことがなかった豊平館を見て

   来ました。今年6月に改修工事を終えてリニューアルオープンしましたが、

   1880年(明治13年)竣工なので築136年の建物です。
   



   


   



   当初は大通りのテレビ塔の北側にあったそうですが、1958年(昭和33年)

   に今の中島公園に移築されました。ホテルや結婚式場として大いに利用さ

   れて来たそうです。詳しくは豊平館のサイトでどうぞ。




   


   


   



   そこで初めて知ったのですが、豊平館や時計台の設計者は、安達喜幸さん

   という人で、この人はもともと江戸の大工の棟梁だったそうです。



   



   当社社長の盛合も大工であり設計もやりますが、そういう大工がいる業者

   は、もう今では少ないと思います。でも昔はそれが当たり前であり、また本

   来はそうあるべきではないでしょうか?



   今の時代は大工さんになりたいと言う若い人は少ないかも知れませんが、

   昔のように大工がもっと魅力ある職業になるようにすべきだと思います。

   そうなるように、頑張って行きたいと思います。





   いつもクリックをありがとうございます。

   毎日クリックして下さると嬉しいです!(^^)


   ↓

   






   ■ 最近の記事

  オール電化住宅は復活するか? 2016.9.19

  自然には勝てません。
 2016.9.9


  「幻の漆喰」と普通の漆喰の違い
 2016.9.2

  せっかく建てたマイホームがシックハウスだったら? 2016.8.10

  杉のお風呂で温泉気分 2016.7.28

   
「空気」は食事の10倍?  2016.7.4

  「断熱」から「遮熱」の時代へ
 
2016.5.23

  札幌の活断層
 2016.4.18


  北のハウスさんの構造見学会  2016.4.14

  新建材の匂いを感じますか? 
2016.4. 11


  隠れた日本の財産
  2016.3.4


  遮熱 シート「リフレクティックス」 2016.2. 6

  黒い杉のキッチン  2016.1.18

  土地探し
  2016.1.9


  にせ物が普通な世の中
 2015.12.18


  「教わりながら」の「ぶっつけ本番」
 2015.12.5


  家づくりの楽しみ方  2015.11.23

  建築業者の「提案力」
 2015.11.20


  レンガタイル 
2015.11.18


  コロナルーフィング
 2015.11.11


  北米で築100年以上の家が多い理由  
2015. 10.28


 
 な ぜシックハウスにな るのか? 2015.8.16

   「さつま見学工場」へ行って来ました。 2015. 6.24

 
















  管理人プロフィール


  
 ブログ管理人の白野です。このブ
 ログは、家づくりについて役立つ
 情報をお届けしています。毎週更
 新しますので、たまにのぞきに来
 てください。






   



 ■おすすめの記事

 リフレクティックス

 化学物質過敏症

 シックハウス

  幻 の漆喰について

 住宅の 高気密化

 幻の漆喰

 音響熟成木材

 菜の花の家


 ■リンク

 
光 南工務店

 フランジパニ


 

 ア トリエ・ポム