大工と創るロハスな家|自然素材を活かし、有害化学物質のない本物の健康住宅をご提案いたします。

 



何も求めず、ただあるがままに存在する自然。それは私
たちに豊かな恵みと安らぎを与えてくれます。私たちは
その一部であり、自然なしに生きることは出来ません。

本来住まいは、すべて自然の素材で造るのが当たり前で
した。しかし今多くの住まいは、温もりのない工業製品
で造られ、しかもそれが私たちの健康を損ねています。

人は自然から離れて、健康に生きることは出来ません。
だから私たちは、無垢の木やしっくいなどの自然素材を
活かした「LOHAS−ロハスな家づくり」を提案します。



ビニールの壁やシート貼りの床やドアなどの工業製品に囲まれた空間と、自然素材の空間に は大きな違
いがあります。自然素材の空間には工業製品にはないぬくもりがあり、人のこころと体を癒す力を持っ
ています。その違いは、そこで毎日を暮らす家族の人生に大きな影響を与えます。特に成長期の子供や、
体が衰えてくる高齢者には、なおさらのことでしょう。

今、自然素材を求める人が増えて来ているのは、便利さや物質的豊かさだけを求める社会の矛盾に気づ
き、人間本来の自然とともに生きる生活に、私たちが本能的に戻ろうとしているのだと思います。その
ような人たちが増えて行けば、この社会はより高度なレベルへと進化するでしょう。



 

平成15年(2003年)に建築基準法が改正され、シックハウス対策としてホルムアルデ ヒドとクロ
ルピリホスが規制されました。しかし残念ながら、その後もシックハウスを発症する人が続いています。
その原因は、まだ規制されていない数多くの化学物質(アセトアルデヒド、トルエン、キシレンなど)
が存在しているからです。

また日本では、小学校に上がる頃までに6〜7%の子どもたちに何らかの先天異常(心臓欠陥、ダウン
症など)が見つかるそうです。これはおよそ15人に1人の確率です。そして、アトピー、ぜんそく、
鼻炎、化学物質過敏症なども増え、花粉症なども含めると、いまや2人に1人が何かしらのアレルギー
だとも言われています。これはもう放置できない異常な状況です。
(※参考→ 横 浜市立大学 先天異常モニタリングセンター

このような現状の背景には、私たちの社会や人の体までもが、多くの有害化学物質によって汚染されて
いる現実があります。それは、子宮の中の胎児までもが汚染されているというほどの想像以上の酷さで
す。私たちは自然からはなれた生活によって、一番大切な健康を犠牲にして来ていたのです。





そのような中で、本当に安心して住める家をつくるために
は、現行の法律を守るだけでは不十分です。それは、既に
アトピーやアレルギーに苦しんでいるお客様には勿論です
が、たとえ今は大丈夫な人でも、その家に住み続けるうち
に発症する可能性もあります。あるいは本人が大丈夫で
も、子供や孫の代に影響するかも知れません。

家は1日の中で最も長い時間を過ごす大切な場所ですか
ら、私たち建築業者の責任は、とても大きいと思います。
そこで光南工務店では、自然素材を活用した有害化学物
質のない、本物の健康住宅をご提供しています。



   本物の健康住宅とは↓

   










 

トッ プページ  プライバシーポリシー   お問い合わせ  サイトマップ
Copyright(C)2007 (有) 光南工務店 ALL RIGHT RESERVED