【幻の漆喰】有害化学物質のない癒しの空間をご提供します。

 





一般に「漆喰」や「炭」、「珪藻土」などの自然素材には室内の有害化学物質や匂いを吸収する 効果があると言われています。しかしその効果はいづれ無くなると言うことはあまり知られていません。一定量の化学物質や匂いを吸着すると飽和状態となり、 その後はもう吸収しなくなるからです。さらに条件によっては、逆に吸収した化学物質などを放出するようになってしまいます。それでは本当の健康素材とは言 えません。










幻 の漆喰は、九州は有明海の赤貝の殻を焼いた焼成カルシウムを原料として作られ た天然素材です。光と3℃以上の熱に反応して「触媒」として働き、室内の化学物質や匂いを「分解」し、住まいの空気を清潔に保ちま す。その効果は普通の漆喰とは違い半永久的に持続しますので、アレルギーの方でもいつまでも安心して暮らせます。また手垢やたばこのヤニなどの汚れも分解 しますので、いつまでも美しい状態が続きます。





1.焼肉などの匂いが2時間程度で消えます。
2.タバコの煙、匂いは吸いながら分解します。
3.ペットや生活臭がほとんど消えます。
4.ペットのうぶ毛はほとんど浮遊しません。
5.手あかが付きにくい。
6.綿ホコリが発生しにくい。(テレビなどへホコリが付きにくい)
7.アトピーの反応が緩和されます。
8.ぜんそく、鼻炎、花粉症の反応を和らげます。
9.抗菌作用があります。
10.風邪やインフルエンザにかかりにくくなります。





 幻の漆喰を用いた住空間では、アトピーや アレルギーの原因のひとつといわれるホルムアルデヒドが、
 わずか30分で驚くべき数値に減っています。さらに、鳥取大学との共同研究により、鳥インフルエンザ
 ウイルスを100万分の一に抑制する効果や、埼玉大学との共同研究により、花粉症アレルゲンを90%    
 以上減らす効果も実証されました。また、「抗菌力試験」や「室内空気汚染物質放散速度測定」などでも、
 幻の漆喰が持つ効果が実証されています。



   




   「幻の漆喰」及び「幻の漆喰ピュアケアウォール」によるガラス板上での花粉低減評価実験




   
     



  

漆 喰は日本だけでなく世界各地で古くから幅広く利用されてきました。自然素材としての安心・安全性、室内を快適に保つ機能性に加え、見過ごされがちなのが、 その「デザイン性」。塗り方のニュアンスにより、純和風な仕上がりはもちろん、モダン和風、南ヨーロッパ風など、住む人の好みやセンスに合わせ、お洒落な 空間を演出できます。











         空気がうまい家   音響熟成木材    竹 炭入り清活畳   お客様の声  

         カイケンコーポレーション   リフォーム   施工実績



 

トッ プページ  プライバシーポリシー   お問い合わせ  サイトマップ
Copyright(C)2007 (有) 光南工務店 ALL RIGHT RESERVED